お問い合わせ

お問い合わせ当サイトの管理人は長年日本人のワークライフバランスの実現に関心を持ってきました。現状では日本人のワークライフバランスは実現しているとは言えず、こうした状況の放置は社会にとって望ましくないと思うからです。なお当サイトに対するご意見ご要望などは【当サイトメールフォーム】宛までご連絡願います。

面接官が知りたい内容を簡潔に

面接官が知りたい内容を簡潔に

転職の成功は書類審査から

ワークライフバランスを今よりも実現させやすい職場への転職を目指す場合、まずは書類審査が第一の関門になります。一般的に転職活動における書類審査は履歴書と職務経歴書によって行われますので、まずはきちんとそれらの書類を作成しましょう。特にこれらの書類はあなたという人間について伝えることが目的ですので、過去どんな取り組みをしてきてどうして転職をしようと思ったのか、現在はどういった状況でどんな仕事に魅力を感じているのか、また将来はどのように活躍をしていきたいと思っているのかを簡潔に書くことが基本的なポイントになります。

転職活動の履歴書のポイント

転職活動を今までしたことがないという方もいると思いますが、そうした方も今の勤務先の採用試験を受けるときに書類審査用に履歴書などを書かれたことはあるかと思います。そしてそうした新卒採用時の履歴書作成の経験は役に立つ部分と立たない部分の両方があるので注意してください。
まず新卒採用時の履歴書などと転職時の履歴書の共通点を挙げますと、自分自身の人柄や価値観、また今後したいと思っていることなどを書くという点は同じです。しかし学生から社会人になる新卒採用のタイミングと異なり、既に社会人であるあなたの転職活動ではこれまでの仕事の実績も見られます。これが新卒採用時との一番の違いと言えるでしょう。前職ではどのような業務を担当しその業務の中でどのような実績を上げたのか、またどういったスキルを身につけてきたのかも書類の中で簡潔にアピールしなければなりません。

採用担当者が知りたいこと

書類を審査する企業の採用担当者の立場に立って、採用活動において最も気をつけていることは何か考えてみたことはあるでしょうか。もちろん重視しているポイントは複数あるのですが、その中でも特に重視しているのが、せっかく採用した人材がすぐに会社を辞めたりしないだろうかということです。採用活動には企業側も多額の費用を支払っていますし、採用後の研修などの費用もあります。しかし人材がすぐに辞めてしまってはそうした費用が無駄になってしまうのです。また費用が無駄になるということ以外にも、もともと人材が不足しているために中途採用を行っていたのだとしたら、職場全体として必要な人材に対して穴が空いてしまうことになるので、このダメージも深刻です。業務の遂行にも支障をきたしかねません。
このようなことが無いよう、人事担当者は採用希望者が自社のカラーに合う人物かどうかをとても注意深く見ています。書類の作成もそうした人事担当者の立場に立って相手の企業にいかに自分が合う人間かを簡潔に書くと良いでしょう。

ワークライフバランスを考える方におすすめ!

SPECIAL TOPICS

面接時はポジティブさをPR
面接時はポジティブさをPR
やりがいを見つけて仕事を楽しく!
やりがいを見つけて仕事を楽しく!