お問い合わせ

お問い合わせ当サイトの管理人は長年日本人のワークライフバランスの実現に関心を持ってきました。現状では日本人のワークライフバランスは実現しているとは言えず、こうした状況の放置は社会にとって望ましくないと思うからです。なお当サイトに対するご意見ご要望などは【当サイトメールフォーム】宛までご連絡願います。

ワークライフバランスを保つ4つの秘訣

ワークライフバランスを保つ4つの秘訣

ワークライフバランスは難しい?

今の自分の生活を見直してワークライフバランスが取れていないからと、例えば家族と過ごす時間を増やそうとしたり、新しい趣味を始めようとしたりしてもなかなか上手く行かないことがあります。例えば急な仕事の予定に振り回されて、結局元と同じような時間の使い方になってしまうなどです。このようなことにならないように、ワークライフバランスを充実させるための4つのポイントを見てみましょう。

ハードルは低くする

まず1つ目のポイントは自分の中でのハードルを低くすることです。例えば仕事が忙しいにもかかわらず、毎日家族と2時間一緒に過ごすというような目標を立てても現実的ではありません。そのような非現実的な目標を立てて失敗し、自分に対して失望するとやる気を失ってしまうのでますますワークライフバランスの実現は難しくなります。
それより初めのハードルは低くして、簡単に実行できるところから自分の生活を変えていくと良いでしょう。例えば毎日帰宅後に15分間家族とその日にあった出来事を語り合うくらいであれば実行できるという人は多くなると思います。

プライベートはスケジュール化する

2つ目のポイントは、プライベートの予定もスケジュールにしっかりと組み込み手帳などに書いておくことです。例えば家族や友人と行く旅行の予定や趣味や習い事の時間などです。こうした予定も仕事の予定と同様に扱い先約優先とすることで、自分のための時間が守られワークライフバランスの実現に近づきます。
もちろんどうしても外すことのできない仕事の用事が生じてしまうこともあるかもしれません。しかしそれでもプライベートのスケジュールを可視化しておくことで、流されるように過ごすことは無くなります。

自分のためだけの時間を持つ

3つ目のポイントは自分のためだけの時間を持つことです。プライベートという意味では育児のための時間や介護のための時間もプライベートに含まれますが、そうした時間を過ごしても疲れが取れたりリフレッシュされたりすることはありません。例えば喫茶店でゆっくりと好きな本を読んだり、お気に入りのスポットに出かけたりといった自分のためだけの時間も持つようにしましょう。そうした時間を持つことが魂の洗濯につながり、仕事のやる気や家族のために頑張る気持ちが満ちてきます。

趣味を作って遊ぶ

4つ目のポイントは3つ目に少し似ていますが、趣味を持つことです。そしてこれは家族の趣味と重なっても構いません。例えば子供も自分もスポーツが好きで、一緒にスポーツを楽しめる場合はとても理想的な時間の使い方と言えるでしょう。

ワークライフバランスを考える方におすすめ!

SPECIAL TOPICS

面接時はポジティブさをPR
面接時はポジティブさをPR
やりがいを見つけて仕事を楽しく!
やりがいを見つけて仕事を楽しく!