お問い合わせ

お問い合わせ当サイトの管理人は長年日本人のワークライフバランスの実現に関心を持ってきました。現状では日本人のワークライフバランスは実現しているとは言えず、こうした状況の放置は社会にとって望ましくないと思うからです。なお当サイトに対するご意見ご要望などは【当サイトメールフォーム】宛までご連絡願います。

残業はしない、雰囲気も作らない!

残業はしない、雰囲気も作らない!

無駄な残業は一利も無し

ワークライフバランスを実現する上での一番の障害は無駄な残業かもしれません。仕事上どうしても必要な残業はありますし、そうした場合は取り組むべきですが必要のない残業もあります。例えば無意味に仕事が長引いてしまったための残業や、内容の薄い会議やコミュニケーションロスなどで仕事が遅れてしまったがゆえの残業などです。
残業が状態化すれば家族や友人と過ごす時間が削られてしまいますし、趣味を楽しむ余裕もありません。またそれだけではなく、労働時間が長引きストレスの解消もできないことで身体を壊してしまう可能性もあるのです。無駄な残業は百害あって一利無しなので、残業をしなくて済むような働き方や雰囲気作りを身につけると良いでしょう。

簡単な仕事はすぐに片付ける

無駄な残業を減らす働き方のポイントは、まず簡単な仕事は溜めずにすぐに片付ける癖をつけることです。例えばちょっとした書類の整理や頼まれごと、メールの返信などがこれにあたります。なぜこうしたちょっとした仕事をすぐに片付けることが大切なのかといえば、小さな仕事と言えども仕事は仕事なので、それが残っていると脳みそのメモリーを使用してしまい他の仕事の効率が悪くなってしまうからです。ちょっとした用事が片付いていないために、常に気持ち悪さを感じるような経験は誰しもあるのではないでしょうか。そしてこのような時にその仕事を片付けることでとてもすっきりした気分になることも多くの方が経験あるかと思います。
このような背景が有るために仕事はすぐに片付け、脳みそのメモリーを無駄遣いしないようにすることが大切なのです。

計画は具体的に練る

また仕事の進め方のコツとして、予定や計画は極力具体的に考えましょう。曖昧さを残したままの計画はあまり役に立ちません。30分で終わると思っていた仕事が実は2時間ほどかかる仕事だったというような経験は誰しもあるかとは思います。このような勘違いによる計画の崩れはリズムを崩し他の仕事にも悪影響を与えるため、無駄な残業を発生させるもとになりやすいのです。そのため仕事の計画を練る時は細部まで詳細にシミュレートし、具体的に考えるようにすると良いでしょう。

定時に帰る雰囲気作り

また無駄な残業をしないためのその他のポイントとして、常に自分は残業をしたくないしそのために定時の間は集中して仕事をしたい旨を周囲に伝え、自分だけではなく他の人も定時で帰るような雰囲気を作っていくことも大切です。こうした雰囲気ができてしまえば定時の間にサボるような人も減っていきますし、皆が集中して仕事に取り組むようになるので職場の生産性が上がり無駄な残業はなくなります。

ワークライフバランスを考える方におすすめ!

SPECIAL TOPICS

面接時はポジティブさをPR
面接時はポジティブさをPR
やりがいを見つけて仕事を楽しく!
やりがいを見つけて仕事を楽しく!